犬の健康を考える

今飼い主さんたちはワンちゃんに対して、どのようなドッグフードを与えればいいと考えているのでしょうか。ワンちゃんの健康をしっかり考えてあげるのは、飼い主さんの義務です。飼われたワンちゃん自身はそれをすることが出来ません。飼い主さんの力によってもっとワンちゃんを長生きさせることも決して不可能なことではありません。

ワンちゃんには、高タンパク質・低脂肪のドッグフードがいいと言われています。 そもそもドッグフードに対しての認識は、以前では適当な肉を与えておけばいいという姿勢だったのかもしれないですよね。なぜ、ワンちゃんのドッグフードにおいてたんぱく質源を意識しなければならないかといえば、たんぱく質こそがワンちゃんの身体を作り、生命維持に欠かせない役割を持っているからなのです。

たんぱく質とは、ズバリ、筋肉・骨・皮膚・血管・ホルモンなど、身体の基礎を作るためにとても大事なものなのです。 特に成長期のワンちゃんに対して、そのような意識を強く持つ必要があり、そのとき成犬の2倍以上のたんぱく質が必要だとも言われています。そもそも必須アミノ酸は身体の中で作ることが出来ないものですが、それもたんぱく質に含まれているものです。

そしてワンちゃんにはより低脂質のものを意識するようにしましょう。脂質は、細胞膜や血液を作ったり、脂溶性ビタミンの吸収を助けてくれたり、更に神経の安定を助けたりと様々に役立つ成分として考えることが出来ます。